ゴルフ場にて。日本で10本指に入る美女に会った。

« ゴルフで体重移動は間違い?・・・あるプロの告白 | メイン

ゴルフスイングが上達する方法を手に入れたら

職場のコンペで活躍できるかもしれない、
上司にゴルフに誘われても困らない
そんなふうに感じながらも

流行遅れだったら恥ずかしい、
自分にあわない方法だったらどうしよう
という風にも感じているのではないでしょうか

確かにあなたが感じているようにゴルフスイングが上達する近道を知らないために
いつまで経ってもコースデビューができないということにもなりかねません。

そんなことにでもなれば、せっかく買ったクラブセットがタンスの肥やしという最悪の事態にまで発展してしまう可能性だってあります。

しかし安心してください。この「新左一軸ゴルフ上達プログラム」を試したあとには
あなたは必ず

ゴルフが上達して、いつも同じスイングができるようになります。
打球が真っ直ぐ飛ぶようになります。
飛距離が伸びます。
スコアが大幅アップします。

是非この「新左一軸ゴルフ上達プログラム」を読んでゴルフスイング上達に役立てていただければ幸いです。

先日、いつもの練習場で驚くような光景を見ました。隣の打席でスイングしていたのは日本で10本の指に入ると言ってもいいような美しい女性。思わず見とれてしまったワケはそれだけではありません。どこにも力が入っていないスイングながら、彼女の打った球は奥のネットに向かって力強く一直線に伸びていくのです。

スイングもスライスでもフックでもない、まさにライナーと呼ぶのに相応しいその打球。女性ながら軽く230ヤードは飛んでいるのではないか、と思いました。私はあっけにとられながら、その女性を見つめてしまっていたようです。クラブを握ったまま静止している私に気がついた彼女は、「ふふ、なかなかいい球だったでしょ?」と、いたずらっぽく目配せしてきました。

私は声を掛けるキッカケを得たように思い素直に感想を述べました。当然のようにプロのゴルファーの気まぐれだと思っていたのですが、聞いてみるとゴルフは単なる彼女の趣味だと言うのです。それも、ここ何年かの間に始めたばかり、ということでした。

私はどうしても不思議なことがありました。
なぜ、彼女がそんなに上手いのか?
なぜ、彼女の球は曲がらないのか。

すると彼女が手で口の周りを囲うようにして、そっと耳打ちしてきた。耳に当たる彼女の息づかいに体がムズムズした(笑)。私は家に帰るとさっそくパソコンを立ち上げました。耳打ちされたサイトとは・・・

ゴルフスイングが上達するという注文画面に情報を入力する間、ずっと彼女のことを考えていた。「体重移動をするからダメなの。回るんじゃなく、ひねるのよ」彼女の言葉は今ひとつ腑に落ちなかったが、目の前で見たあの美しいスイング。彼女の推薦に間違いはないだろう。ともかく、やってみようじゃないか。一つ、これからの楽しみが増えた。 ⇒ 楽しみとは・・・

サイトTOPへ

スポンサードリンク

ゴルフ7日間シングルプログラム
雑誌で話題の小原大二郎プロによる最短最速ゴルフ上達プログラム5ラウンド以内に100を切れなかったら全額返金!
ゴルフスイング理論 Perfect Swing Theory 2
PERFECTなゴルフスイング理論、なんてねぇ・・・